試合終了の瞬間、喜びを爆発させるサポーター=徳島市のアスティとくしま

 サッカーJ2徳島ヴォルティスがJ1参入プレーオフ(PO)進出を目指し東京ヴェルディ戦に臨んだ16日、徳島市のアスティとくしまでパブリックビューイング(PV)があり、サポーターら約1300人が応援した。

 試合は序盤から相手に攻め込まれる場面が目立ったものの、前半終了間際にMF杉本竜士選手が先制ゴール。サポーターらは「よっしゃ」などと叫び、喜びを爆発させた。鴨島第一中1年川原紺さん(12)は「流れを変えてくれた」と笑顔を見せた。

 後半は懸命の守りで相手の反撃をしのいだ。試合終了の笛が鳴ると、サポーターは拳を突き上げた。藍住町奥野、パート従業員奥住智美さん(39)は「今年のチームは一体感がある。最終戦も勝ってPO進出を決めてほしい」と期待した。