涙ながらに沢尻エリカ容疑者への思いを語った片瀬那奈(C)ORICON NewS inc.

 女優の片瀬那奈が17日、レギュラーを務める日本テレビ系『シューイチ』(毎週日曜 前7:30)に生出演。合成麻薬MDMAを所持したとして16日に麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優の沢尻エリカ(33)についての思いを語った。

【写真】沢尻エリカ容疑者を乗せ湾岸署に入る車

 番組で沢尻容疑者の逮捕のニュースを伝えると、片瀬は涙を浮かべながら映像を見つめた。妹のようにかわいがっていた存在だという片瀬は「悲しくて、もうショックで…。何で…。驚きと本当に渦巻いていて、これだけ近くにいて何も知らなかったのは本当に悲しいし、何か、こう裏切られたような気持ち。近かったからこそ言えなかったのか、私は言って欲しかったし、私は怒りたかったし…」と強い口調で今の心境を語った。

 続けて「そしてこの世界は特にいろんな人が関わって、いろんな人が助けてくれて、いろんな人が動いてくれる世界。大河だったり、大切な仕事がたくさんあるなかで、その人たちを裏切ること悲しませる、迷惑をかけることは本当にあってはならないことなので本当にガッカリしています」と吐露した。

 悩んでいたことがあったのか問われると片瀬は「仕事が順調だったと思うんですよ。その中でも自分の葛藤はあったので『今度、ゆっくり話そう』という話はしていたんですね。その矢先だったので…。だから、私も知らないことがいっぱいあったのかなとか、もっと察してあげればよかったとか、私も後悔しています」と自らを攻め、大きく息をしていた。

 捜査関係者によると、沢尻容疑者は16日、都内の自宅マンションで合成麻薬を所持していたとして警視庁に逮捕された。沢尻容疑者は来年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で斎藤道三(本木雅弘)の娘でのちに織田信長(染谷将太)の正妻となる帰蝶(濃姫)役を務めていた。また、今年は映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(9月13日公開)、テレビ朝日系のスペシャルドラマ『白い巨塔』などに出演した。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。