TVアニメ『ソマリと森の神様』に出演する柴田理恵(左)と演じるキャラクターローザおばさん(右)

 来年1月より放送されるテレビアニメ『ソマリと森の神様』の追加キャストが17日、発表された。女優の柴田理恵が“ローザおばさん役”としてテレビアニメ初出演するほか、速水奨(ムスリカ役)、関智一(コキリラ役)、茅野愛衣(ヘイゼル役)、高垣彩陽(プラリネ役)が、旅の途中で出会う異形役、魔女役として出演する。

【動画】作品の世界観やストーリーを堪能できる新PV

 『WEB コミックぜにょん』で連載中の同作は、親子の絆を描いたファンタジー。太古の時代、争いに敗れた人間は絶滅の危機で世界は異形の生物に支配されていた。その世界を舞台に、森の神様「ゴーレム」(小野大輔)と人間の娘ソマリ(水瀬いのり)が森で不思議な出会いを果たし、ゴーレムを「おとうさん」と呼ぶソマリの両親を探す2人旅がスタートする。旅の中で深まる父娘の絆や幼いソマリの成長、感情がないはずのゴーレムが“親”になっていく姿が描かれる。

 テレビアニメで声優初挑戦となる柴田は「テレビアニメの声優のお仕事は初めてでしたし、相当パンチのあるキャラクターで、楽しく演じさせていただきました」と喜びつつ「作中で、わらべ歌も歌っています! しっかりとしたストーリーで、ぜひ普段、アニメはあまり見ないという方にも見ていただきたい作品です。主人公のソマリちゃんとどういう風に絡んでいくのかも、どうぞお楽しみに」と作品の魅力を呼びかけている。

 また、同アニメの放送局が、AbemaTV、TOKYO MX、BS日テレの3局に決定し、新PVとメインビジュアルも公開された。

■キャスト情報
ソマリ:水瀬いのり
ゴーレム:小野大輔
シズノ:七海ひろき
ヤバシラ:鈴木達央
ウゾイ:早見沙織
ハイトラ:小野友樹
キキーラ:小林ゆう
ムスリカ:速水奨
コキリラ:関智一
ヘイゼル:茅野愛衣
プラリネ:高垣彩陽
ローザおばさん:柴田理恵


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。