[波止]<津田南波止>17日、阿波市の人が沖アミを餌に25~37センチのチヌ15匹。ウキ下は4ヒロで35センチ前後が主体。ハマチのアタリもあったが取り込めなかった。

 <津田沖ノ一文字>17日、コーナーから少し赤灯寄りの西向きで小松島市の人が35~47センチのチヌ4匹。同行の人が54センチを1匹。大型のカンダイらしきアタリも数回あった。

 <赤石東ふ頭>17日、9時から2時間、4組の親子が参加し釣り教室が行われ、松茂町の小学生の橋本希君がジンタを餌に61センチのスズキ1匹。ほかに赤アミを餌にサビキ仕掛けで、15センチ前後のアジや17センチのガガネ、10センチ前後のジンタも上がった。近くでは、沖アミを餌にフカセ釣りで49センチのチヌ1匹。

 [磯]<福村>17日、水温19・2度。北西の風が強く波が次第に高くなった。ビシャ大東で25、35センチのチヌ2匹と30センチ前後のアイゴ15匹。同東で28~37センチを19匹。上総東で30センチを3匹。内鬼門と大西の2カ所で27~29センチのチヌ3匹と22、23センチのイシダイ2匹、30センチ前後のアイゴ7匹。二階東で30センチのウマヅラハゲと22センチのグレ、30センチのチヌ、40センチのハマチを各1匹、30センチ前後のアイゴ10匹。

 <中林>17日、エンバエは2人で25~27センチのマダイ4匹と25センチのグレ、30センチのアイゴ、35センチのツバスを各1匹。中スで35センチのツバス1匹。チョッポリで35センチのチヌ2匹と30センチのアイゴ5匹。地スで30~35センチのチヌ3匹。ワラベ石トウフで30センチを1匹。高崎の高で25~32センチのグレ40匹。同低で25~27センチを10匹。沖ノ消波ブロックは2人で30センチ前後のアイゴ15匹。

 <伊島>17日、グレマスターズ東四国II大会が16日に引き続き行われたが、波が高くなり9時半ごろ競技終了となった。25センチ以上5匹までの重量を競い上位4人がブロック大会への出場権を得た。1位はオンビキで徳島市の河中謙作さんが6292グラム(40~46センチを5匹)。2位は唐人西で阿南市の森宏一さんが1876グラム(35センチ前後を3匹)。3位は豚太郎で徳島市の平田忠幸さんが1770グラム(30、35センチを2匹)。4位はクウカバエで徳島市の大貝貞雄さんが1052グラム(33センチ前後を2匹)。

 <木岐>16日、水温21・2度で潮は下り。一ツ目で30、49センチのグレ2匹と30センチのアイゴ3匹。底物狙いが45、50センチのイシダイ2匹と35センチのイシガキダイ1匹。延命寺で28、32センチの2匹と30~35センチのアイゴ10匹、23センチの本ハゲ3匹。(県釣連盟報道部)