鳴門署は18日、大阪府茨木市総持寺駅前町、会社員の男(55)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 18日午後5時ごろ、鳴門市鳴門町土佐泊浦の市道で軽乗用車を酒気帯び運転した疑い。近くの小鳴門橋で、対向車と右ドアミラー同士が接触する事故を起こして逃走。対向車の50代男性が約3キロにわたって追跡したところ、市道で自ら止まった。

 駆け付けた署員が呼気検査を行い、酒気帯びが分かった。