京都大病院は19日、腎機能障害のある心不全の男性患者に、誤って濃度の高い炭酸水素ナトリウムの薬剤を投与し、その後に患者が死亡したと明らかにした。