18日、県内は前日のうねりが残り波が高かった。南東の風が強く吹き、磯渡しを見合わせた渡船業者もあった。出船した場所も強風や波で釣りづらかった。

 [イカダ]<ウチノ海>18日、南寄りの風が強かった。ヤカタで沖アミを餌にサヨリを狙った鳴門市の人が30センチ前後を200匹。別のヤカタでも似た仕掛けで同型を150匹。風が強く釣りづらかった。

 <高知・甲浦>18日、うねりを伴う波が高かった。水温22・5度。1号で0・5、0・6キロのアオリイカ2匹と45センチのハマチ1匹。

 [波止]<恵比須浜>18日、少し濁りがあった。岸壁で夜明けまでアジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・3~0・9キロのアオリイカ9匹。持参のアジがなくなり早々にサオを納めた。

 [磯]<日和佐>17日、うねりがあった。平家で40、45センチのチヌ2匹と32センチのアイゴ、25センチのグレを各1匹、23、25センチのマダイ2匹。45センチのチヌ1匹と32、33センチのアイゴ2匹。32センチのアイゴ2匹。大磯で23~28センチのグレ5匹。30センチのイサギ1匹と20~25センチのマダイ8匹、20、25センチの本ハゲ2匹。トウキンで45センチのチヌ、30センチのグレ、23センチのマダイを各1匹、30センチのアイゴ2匹。上の黒ハエの北側で32~45センチのグレ3匹と30センチ前後のアイゴ8匹。甲浦ノ平バエ東ウラで35~45センチのグレ3匹。

 <津島>17日、水温21度前後。うねりを伴う波が高く、低いハエには上がれなかった。11時半ごろ東寄りの風に変わるとさらに波が高くなり撤収。釣り餌メーカーのファングループ徳島支部の懇親グレ釣り大会が行われ、28人が参加。5匹までの重量を競い、渡船2隻の上位者から優先に順位を決めた。計量したのは13人で持ち込まれた型は25~44センチ。ワレ船付で阿南市の今川敏史さんが2090グラムで1位。チョウセンで徳島市の濱中賢太郎さんが1695グラムで2位。徳新バエで香川県の黒川正三さんが1945グラムで3位。対象外では長バエで45センチのイシダイ、33センチのイシガキダイ、40センチのチヌ、同型のブダイを各1匹、30センチ前後のアイゴ数匹。各所で25~35センチのイサギ、30センチ前後のアイゴ、チヌなどが数匹上がっていた。場所によっては湧きグレの姿も見られた。

 [船釣り]<牟岐沖>17日、水温21度。9時から約2時間半、市販の加工沖アミを餌にフカセ釣りで3人が、35センチ前後のスマ7匹と同型のヒラソウダ6匹、35センチのイサギ、30センチのアオチビキを各1匹、15センチのアジ30匹。(県釣連盟報道部)