韓国のMBCテレビの番組に生出演した文在寅大統領=19日、ソウル(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は19日、MBCテレビの番組「国民が問う 2019国民との対話」に生出演し、失効が迫っている日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について「最後の瞬間」まで日本と共に破棄を避ける努力をするとの意向を表明した。仮に破棄することになっても、日本との安保協力は続けると強調した。

 ただ、破棄決定を強いられた原因は日本がつくったと重ねて表明。「韓国を安保上、信頼できないと(輸出規制を強化)しながら、軍事情報は共有しようというのは矛盾した態度ではないか」と批判した。韓国政府は輸出規制強化の撤回を協定維持の条件としている。