19日、県南部の磯は前日からの波が残り、北西の強い風が吹き、磯渡しを休止した場所が多かった。水温も徐々に下がり、磯釣りシーズン本番となった。各波止場でも好調のタチウオ狙いの釣り人が多いようだ。ライフジャケットなどの安全装備を着用して安全を最優先に釣行したい。

 [磯]<福村>19日、強い北西の風で、北東からの風波が高かった。アイゴの食いが好調。上総東で型は未確認だが34匹と29~36センチのチヌ3匹。40センチのハマチ1匹。二階東で29~31センチを10匹と22、23センチのグレ2匹、22センチの本ハゲ1匹。

 <大島>19日、強い北西の風が北に変わり、波が少々あった。上り潮で水温22・6度。27~46センチのグレを川村で12匹と40センチのハマチ、25センチのシマアジを各1匹。沖冨士で2匹と27~30センチのイサギ3匹。地冨士で15匹。マナイタ地で6匹と25センチのイサギ2匹。ジョウギで8匹。馬ノ背で7匹と33センチ前後イサギ1匹。ミッチャで2人が8匹と30、33センチのアイゴ2匹、27センチのイサギ1匹。ナデで5匹。アジを餌にアオリイカ狙いは赤バエからビシャゴに替わり0・3~1キロを5匹。

 [波止]<鳴門観光港>19日、サビキ仕掛けにウキをつけてちょい投げで、15センチ前後のアジが食いだした。地元の人が10時ごろから2時間足らずで30匹。別の数人は20~30匹。

 <粟津離岸堤>19日、強い北西の風で波は穏やか。水温20度。3番で23~32センチのグレ30匹と好釣果。釣り人が少ない日が食いが良いようだ。

 [投げ釣り]<亀浦漁港>17日、徳島SC協会のカレイ釣り大会に30人が参加。釣り場は自由で14時半までに帰着し9人が計量。1匹の長寸と匹数を元に順位を決めた。高島で徳島キャスターズクラブの古枝直輝さんが長寸43・6センチ、5匹で優勝。高松市で同クラブの広瀬晃さんが36・8センチ、3匹で2位。撫養川で徳島ひげサーフの正野明さんが33・7センチ、3匹で3位。

 [船釣り]<鳴門海峡>17日、風は穏やかだったが、うねりがあった。水温21度。仕立船で4人がタイラバージグで30~55センチのマダイ15匹。水深20メートル前後の浅場か80メートル以上の深場でしかアタリがなかった。

 [お知らせ]23日、伊島で県釣連盟懇親磯釣り大会が行われます。一般の釣り人の皆さんにはご迷惑をお掛けしますが、ご協力お願いします。(県釣連盟報道部)