中学生の列に乗用車が突っ込んだ、北九州市小倉南区の横断歩道=20日夜

 20日午後4時半ごろ、北九州市小倉南区守恒本町2丁目の市道で、道路を横断していた中学生5人の列に乗用車が突っ込み、うち4人が病院に搬送された。小倉南署によると、4人はいずれも軽傷とみられる。署は事故の経緯を調べる。

 現場は片側1車線の直線道路で、近くには信号機のない横断歩道があった。車を運転していた同区の無職男性(69)は「夕日がまぶしくて子どもたちが見えなかった」と話しているという。

 市教育委員会などによると、5人はいずれも市内の中学2年の男子生徒で、帰宅途中だったとみられる。