『ガイアの夜明け』2020年1月7日からリニューアル。3代目「案内人」に女優の松下奈緒が決定(C)テレビ東京

 テレビ東京系で2002年4月から約17年半、850回以上放送されている、経済報道ドキュメンタリー番組『ガイアの夜明け』(毎週火曜 後10:00)のが、来年1月7日の放送から、番組の顔となる「案内人」に女優の松下奈緒を起用して、気分一新リニューアルされることになった。

【写真】『ガイアの夜明け』の取材きっかけでドラマ化 主演は小泉孝太郎

 初代・役所広司、現在出演中の2代目・江口洋介から「案内人」のバトンを受け継ぐ3代目は、番組スタート以来、初の女性案内人。松下はオファーを受けて「とてもビックリしました。 こんな素敵なお話をいただけて大変光栄な事だなと思ったと同時に、身震いもしました。 長きに渡り先輩方が紡いでこられた番組で、大役に緊張しますが精一杯務めさせていただきたいと思いました」と、話している。

 同番組では、日本のみならず、地球規模で起きているさまざまなテーマを「経済」「ビジネス」の視点で見つめ、問題解決に奮闘する人々を取材してきた。今後、番組のテーマを毎回ナビゲートする松下は、ドキュメンタリーの主人公が賭ける熱い思いや、知られざるエピソードを引き出すほか、視聴者の“目線”で、企業などが取り組む新たなサービスや商品開発の現場などを取材し、時に複雑で難解な経済やビジネスにまつわる背景なども、さらに分かりやすく、深掘りしていく役割を担っていくことに。

 取材してみたいテーマを聞くと「音楽、動物、精密機械、医療など挙げるときりがありませんが、私たちの生活や心を豊かにしてくれるものをたくさん知りたいと思います」と、回答。視聴者に向けては「知らないことを知るという喜び、興味を持つことや楽しさをひとつでも増やしていけるよう、そしてご覧いただいている皆様に楽しんでいただける様、頑張りたいと思いますのでたくさんの方に見ていただけるとうれしいです」と、メッセージを送っている。

 野田雄輔チーフプロデューサー(テレビ東京報道番組センター)は「平成の時代が終わり、これから日本、日本経済はどこに向かうのか? いかに働き、生き抜いて行けばよいのか? “少子化”、“超高齢化”と課題山積の日本では、既成概念を打ち破る新たな発想や、行動が求められています。女優、そしてピアニストとして松下さんは、しなやかに、そして自分らしく活躍されています。番組が向き合うテーマは、困難が伴うものが多いのですが、その行動力と感受性で、常に視聴者に“新鮮な風”を吹き込んでくれることを期待しています」と、コメントを寄せている。

 なお、BSテレ東では1月20日リニューアルスタート(毎週月曜 後8:00)となる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。