21日午前の東京株式市場で、香港情勢を巡って米中関係が悪化するとの懸念が広がり、日経平均株価(225種)は一時400円余りの大幅安となった。