第一興商が通信カラオケDAMの2019年年間ランキング(調査期間:1月1日~11月16日)を発表し、最も歌われた歌手には徳島県出身のシンガー・ソングライター米津玄師さん、最も歌われた楽曲には米津さんの「Lemon」がいずれも2年連続で選ばれた。「Lemon」は18年3月18日から19年10月26日までの週間ランキングで84週連続1位を記録する快挙も成し遂げた。

■DAM年間カラオケランキング2019(総合)

<楽曲別TOP50>

 今年最も歌われた楽曲は、米津玄師さんの「Lemon」で、 昨年に引き続き2年連続の1位に輝いた。合わせて18年3月18日から19年10月26日までの期間中、 週間ランキングで84週連続1位の記録を樹立する快挙も成し遂げた。

 2位を獲得したあいみょんさん「マリーゴールド」は、昨年8月の発売以来、 ミュージックビデオの再生回数が1億回を突破するなど、若年層を中心に人気を博している。

 初登場曲は4曲で、昨年圏外だった10曲がランクインした。 なお、TOP50のうち、ポップスが48曲を占めた。

<歌手別TOP10>

 今年最も歌われた歌手は、2年連続で米津玄師さんだった。 また、楽曲別同様、昨年圏外だったあいみょんさんが2位に、Official髭男dismが初登場9位にランクインした。

■DAM年間カラオケランキング2019(ジャンル別)

<演歌TOP10>

 石川さゆりさんの「天城越え」と「津軽海峡・冬景色」が4年連続1位と2位を独占し、圧倒的な強さを誇っている。

<K-POP TOP10>

 BIGBANG「FANTASTIC BABY」が1位。ハイテンションな楽曲で人気を集めている。

<アニメTOP10>

 世代を超えた定番のアニソン・高橋洋子さんの「残酷な天使のテーゼ」が2年連続1位となった。

■今年発売楽曲ランキングTOP10

 歌手別 TOP10の9位にランクインしたOfficial髭男dismの「Pretender」が1位に。 映画の主題歌として書き下ろされ、 等身大の歌詞が魅力的なミディアムナンバーだ。

■米津玄師さんコメント

 Q. DAM年間カラオケランキング2019(総合)の楽曲別で2年連続1位、 週間カラオケランキング84週連続1位という記録を樹立されたご感想を教えてください。

 A.とても光栄です。この曲を作ったのが遠い昔のことのような気分でいます。 これからも続くであろう長い人生の中で、 このような得難い経験をさせてもらったことに感謝の気持ちでいっぱいです。

 Q.カラオケではどのような曲を歌いますか。  

 A.毎回歌うのは和田光司さんの「Butter-Fly」です。 自分の曲を入れられて歌うこともあります。 最近は、 「灰色と青」を友達と一緒に歌ったりします。

 Q.米津さんの楽曲を歌う多くのカラオケユーザーに向けて、 ひと言お願いします。

 A.自分の曲は、歌いづらいものが多いと思うのですが、それでも歌ってくれる方には愛を感じます。本当にありがとうございます。