県鉄鋼協同組合の12社が小松島市金磯町の鉄鋼団地で南海トラフ巨大地震を想定した合同避難訓練を行った。 率先避難企業に指定された12社の従業員約160人は、メガホンや拡声器で「津波が来ます。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。