【ジュネーブ共同】国際陸連が設置した独立監視部門は21日、ロシアの男子走り高跳び選手のドーピング検査を巡り、同国陸連のシリャフチン会長など複数の幹部やコーチが共謀して違反を隠蔽したとして暫定的な資格停止処分を科した。