アートについて語る西川さん=鳴門市の大塚国際美術館

 鳴門市の大塚国際美術館で歌手西川貴教さんの講演があり、県内外の約420人が耳を傾けた。

 幼少期から美術に親しんできたという西川さんは「舞台演出の参考にするためイラストを描いている。絵に刺激を受けて歌詞を書く時もある」と話した。大塚国際美術館については「教科書でしか見たことのない作品がそろっている。絵に触って作家の筆遣いを感じられるのがすごい」と語った。

 絵画の登場人物の衣装が着られる企画「#アートコスプレ フェス2019」の一環。西川さんは企画を象徴する公式アイコンを務めている。