満開を迎えたミツバツツジ=つるぎ町貞光の山つつじの里萩生

 つるぎ町貞光竹屋敷の「山つつじの里萩生(はぎお)」でミツバツツジが満開を迎えており、山肌をじゅうたんのように埋め尽くしている。見頃は27日ごろまで。

 近くの藤本盛さん(83)が所有する山林約30アールの斜面に赤やピンク、紫といった色とりどりのミツバツツジが自生している。長さ約200メートルの遊歩道を覆うように花を咲かせており、訪れた家族連れらが「花のトンネル」を散策したり、記念撮影したりしていた。

 3年連続で訪れている小松島市大林町金島の加林重子さん(80)は「ツツジが間近に見られるので、歩くのが楽しい」と話していた。