「ミシュランガイド東京2020」の掲載店が発表され、最高評価の「三つ星」を受けた日本料理「かんだ」の神田裕行さん(左から2人目)=26日午後、東京都内

 日本ミシュランタイヤは26日、東京のレストラン格付け本「ミシュランガイド東京2020」の掲載店を発表した。最高評価の「三つ星」は昨年から2店減って11店、「二つ星」は48店、「一つ星」は167店だった。

 発刊から昨年まで12年連続で三つ星だった「すきやばし次郎本店」と、「さいとう」のすし店2店は一般予約ができなくなり、掲載対象外に。徳島市出身の神田裕行さんが店主を務める日本料理「かんだ」は13年連続の三つ星となった。日本料理の「かどわき」が二つ星から昇格した。

 星は付いていないが、良質な食事ができる店「ビブグルマン」の基準が、消費税増税に伴い、5千円以下から6千円以下に引き上げられ、238店が掲載された。ガイドは29日発売される。3498円。