初冠雪した剣山の「刀掛の松」=28日午前10時半、美馬市木屋平

 剣山(1955メートル)の山頂付近で28日、初雪と初冠雪を観測した。昨年より6日遅い。標高約1800メートルの「刀掛の松」一帯は新雪で覆われた。

 剣山頂上ヒュッテ(美馬市木屋平)を経営する新居綱男さん(82)によると、登山リフトの西島駅付近で午前8時に5センチの積雪を観測。午後4時の気温は氷点下4度で、積雪は10センチに達した。

 標高1420メートルのリフトの見ノ越駅付近でも7センチの積雪となった。三好市東祖谷に向かう途中で駅に立ち寄った台湾からの観光客林慶隆さん(66)は「台湾で雪を見たことがない。一面真っ白の景色に感動した」と話した。

 徳島地方気象台によると、28日は寒気の影響で前日より気温が低下した。午後5時までの最低気温は徳島市8・9度、三好市池田町4・7度、同市東祖谷京上3・8度で、平年より1~2度高い。