岡孝治徳島市議の働き掛けで市が一般廃棄物処理業者に厳しい処分をしたとされる問題で、市議会の調査特別委員会(百条委)は27日、7月7日に原秀樹前市長の証人喚問を行うことを決めた。

 多田昭弘前第1副市長への証人喚問が終了後、玉野勝彦委員が原氏を証人喚問する動議を提出し、全会一致で了承された。業者への不許可処分を決めるまでの経緯や処分を決裁した3月31日の市長室でのやりとりなどについて証言を求める予定。詳細な質問項目は、当日までに開く百条委で決める。

 原氏は、昨年12月に行われた市議会総務委員会に参考人として出席。「不当な働き掛けを受けたという認識は全くない」などと述べ、市の第三者調査団(代表・浅田隆幸弁護士、3人)がまとめた報告書の内容を否定している。