徳島県警は29日、吉野川市の80代女性が特殊詐欺でキャッシュカード3枚をだまし取られ、現金約396万円を引き出される被害に遭ったと発表した。

 捜査2課によると、28日午前、吉野川市保険課員を名乗る男から「年金の還付金がある。どこの銀行に振り込むのがいいか」と女性に電話があった。直後に銀行員を名乗る男から電話で「キャッシュカードが古く、還付金を入金できない」と説明を受けた女性は、自宅に来た男にカード3枚を渡した。

 29日に女性が市役所へ問い合わせ、被害が分かった。女性は電話で暗証番号を伝えており、約396万円が引き出されたという。

 吉野川市では、市役所職員をかたる男からの不審電話が相次いでいた。