写真を拡大 国内外の多彩な映像作品を集めた「徳島国際映画祭」=2019年3月19日、徳島市のあわぎんホール

 国内外の多彩な映画を集めた「徳島国際映画祭」(「vs東京」実践委員会主催)が来年3月27~29日、徳島市のあわぎんホールで開かれる。5回目となる今回は新たに映像作品を公募し、受賞作を会場で上映する。映画祭を広く周知することや映像クリエーターの発掘、育成が目的。

 募集するテーマは「青春」で、2017年1月1日以降に発表もしくは完成した100分以内の映像作品。自主制作の作品が基本で、プロ、アマチュアなどは問わない。日本語以外の言語を使用している場合は日本語の字幕が必要となる。

 締め切りは来年1月17日で、映画祭事務局による1次審査の後、映像関係者による2次審査でグランプリと準グランプリ各1作品を選ぶ。審査員は12月に映画祭公式ホームページで発表する。

 応募方法は作品を動画投稿サイト「YouTube」「Vimeo」にアップロードし、専用サイトで登録する。問い合わせは映画祭事務局の県地方創生推進課<電088(621)2130>。