写真を拡大 「明星 家系総本山 吉村家 豚骨醤油ラーメン」(左)と「旭松 家系総本山 吉村家 野菜畑豚骨醤油スープ」

 横浜家系ラーメンの起源であり総本山の吉村家は、中太ストレート麺に鶏油のうま味が利いた濃厚な豚骨醤油(しょうゆ)スープで地元・横浜のみならず全国のラーメン好きから愛され、1日に1500杯を売り上げる店の味を忠実に再現したカップ麺「明星 家系総本山 吉村家 豚骨醤油ラーメン」と、カロリーや糖質に気にせずラーメンのスープを楽しめるカップスープ「旭松 家系総本山 吉村家 野菜畑豚骨醤油スープ」を12月3日に徳島県など全国のローソン各店で発売する。お湯を注ぐだけで自宅や職場で手軽に店の味を楽しめる。

写真を拡大 吉村家のラーメン

  カップ麺は、店独特の濃厚で香ばしいスープに仕上げるため、試食と改良を数十回繰り返し、食べ応えのある麺とのバランスも追求して店の味を再現。カップスープは、店で人気のトッピング「野菜畑」を基に、ラーメンスープの味を楽しみながら野菜をしっかり取れて、繰り返し飲みたくなる一杯に仕上げた。キャベツ、モヤシ、ホウレンソウ、ニンジン、ハクサイ、ネギという6種類の野菜が入って食べ応え十分ながら78キロカロリーに抑えられており、カロリーや糖質が気になる人や女性も手に取りやすい商品となっている。

■明星 家系総本山 吉村家 豚骨醤油ラーメン
 内容量:111グラム
 価格:278円(税込)
 発売日:12月3日(火)
 販売:全国のローソン店舗

■旭松 家系総本山 吉村家 野菜畑豚骨醤油スープ
 内容量:35.4グラム
 価格:178円(税込)
 発売日:12月3日(火)
 販売:全国のローソン店舗

■家系総本山 吉村家
 家系ラーメンの起源であり総本山であるラーメン店。もともと長距離トラック運転手だった吉村実会長が、1974年に横浜市磯子地区に開店し、その後1999年に横浜駅西口に移転。1日に1500杯のラーメンを売り上げ、連日行列ができる人気ラーメン店は、全国に直系店を6店舗を設けている。中太ストレート麺と分厚くスライスしたチャーシュー、器からはみ出すほどの大きな海苔、鶏脂を使った黄色いスープ、青味として乗せられるホウレンソウが特徴。メニューはラーメンとトッピングのみだが、麺の固さ、スープの脂の量、味の濃さを客が自由に指定できることに加え、テーブルにあるニンニク、豆板醤、コショウといった調味料を好みに合わせて使用できる選択肢の豊富さが人気の理由の一つになっている。