徳島ヴォルティスは30日、明治安田J2第10節のジェフユナイテッド千葉戦(29日、フクダ電子アリーナ)で、試合中にボールボーイの体を突いたDF馬渡和彰選手に対し、厳重注意し、Jリーグ規律委員会の処分が確定するまで謹慎処分にした。リーグの処分決定後、クラブとしての最終的な処分を決める。
 馬渡選手は、クラブ公式サイトで謝罪コメントを発表した。 

馬渡和彰選手のコメント(徳島ヴォルティス公式サイトより)
 昨日のジェフユナイテッド千葉戦において、私が引き起こした行動は、いかなる状況であれこのような行動が認められるわけがなく、あってはいけない行為だったと深く反省しております。ボールパーソンの方には、多大なるご迷惑をお掛けしてしまい、深くお詫び申し上げます。
 また、その行動によって不快な思いをされたジェフユナイテッド千葉のファン・サポーターの皆様、関係者の皆様、Jリーグを支えていただいている皆様にお詫び申し上げます。
 プロサッカー選手である以前に、人としての行動を改めなければいけませんし、申し訳ないで収まるような話ではありませんが、二度とこのようなことが無いよう努めて参ります。
 今後、処分等についての決定がありますが、しっかりと処分を受け入れ、再度サッカー選手としてピッチに立たせていただける状況となれば、支えていただいている皆様に全力で返していきたいと思います。