藍染の半袖シャツなどの軽装で勤務する徳島県職員=県庁

 クールビズや冷房の温度を高めに設定することなどで環境対策を推進する徳島県の「徳島夏のエコスタイル」が1日、始まった。県庁では職員が上着やネクタイを着用せず、軽装で勤務している。

 徳島市では午前11時時点で22・8度まで気温が上昇。夏のエコスタイルを推進する県環境首都課では、藍染の半袖シャツなど、涼しげな装いで業務に当たる職員が目立った。河崎敏之課長は「地球温暖化防止へ、県民にも節電・省エネの取り組みを広げていきたい」と話した。

 夏のエコスタイルは10月末まで。県内約160の行政機関や企業でつくる「とくしま環境県民会議」と連携し、冷房の28度設定、照明や電子機器の小まめな電源オフなどを実践する。