【ワシントン共同】米下院のペロシ議長(民主党)は5日、トランプ大統領(共和党)のウクライナ疑惑を巡る弾劾審議で、刑事裁判の起訴状に相当する弾劾訴追状の作成に向け司法委員会の第2回公聴会を9日に開くと明らかにした。政府高官らの証言を報告書にまとめた情報特別委の法律顧問らを呼ぶ。来週中にも訴追状を完成させられるように作業を急ぐ。

 下院多数派の民主党は、来年2月から正式に始まる大統領選の党候補者指名争いへの影響も見据え、年内の下院本会議での弾劾訴追を目指している。情報特別委の報告書は「大統領の権限乱用」「議会調査の妨害」などがあったと指摘している。