埼玉県行田市で2012年に創業し、4年間営業した後、Uターンで徳島に移転した。店名の「足袋蔵」は、行田市で創業時に使った建物が足袋を作っていた蔵だったから。

 主力は風味豊かなハード系のパンだが、「徳島県民の好みに合わせ、菓子パンなどソフト系を増やし、今はハード系より多い」という。パン種は16時間熟成させる。

 平日販売するのは約30種類。金土日の週末は40種類ほどに増やしている。取り置きや予約も可能。

 店舗奥はミニギャラリーになっていて、地域の人の写真や絵画が飾られている。

 〈1位〉「イチジクとクリームチーズとクルミのパン」(360円・税別)

 生地を16時間発酵させているので、芳醇(ほうじゅん)な香りが楽しめる。またボリュームがあり、薄くスライスするとワインやカクテルにも合う。

 材料:国産小麦、ライ麦、塩、イースト、イチジク、クルミ、クリームチーズ

 〈2位〉「食パン」(1斤400円・税別)

 北海道産小麦を100%、塩はフランス産を使用するなど材料にもこだわった一品。もちもちとしてかみ応えがある。予約があれば山型も可能。

 材料:小麦粉、バター、塩、スキムミルク、砂糖、イースト

 〈3位〉「パン・オ・ノワール」(230円・税別)

 パンの名前はフランス語で「黒パン」という意味。全粒粉のパンを牛乳に漬け込み、ミキサーに掛けた後、レーズン、クルミ、ハチミツ、黒糖などを加えて焼き上げた。「ほたようかん」を濃厚にしたような仕上がりになっている。

 材料:小麦粉、バター、砂糖、牛乳、蜂蜜、クルミ、レーズン、ケシの実

足袋蔵パン工房 rye
住所=徳島市津田町4-4-11
営業時間=11~16時
定休日=月・火曜
駐車場=3台
電話番号=088(602)8899