二十四節気の「大雪」の7日、徳島県内は各地で最高気温が平年を2~3度下回るなど冷え込んだ。つるぎ町一宇の剣山登山口近くにある夫婦池では約2センチの氷が一面に張り、うっすらと積雪があった。

 剣山をはじめて登山に訪れた堀江竹男さん(70)=千葉県船橋市宮本=は「剣山周辺は思ったより暖かったたが、池に氷が張っていてびっくり」と驚いた表情を見せていた。(山田旬・写真も)