後半8分、MF野村のスルーパスに抜け出したFW河田が鮮やかなループシュートを決めて先制する

先制ゴール直後、選手らと喜ぶリカルド監督

PO2回戦を突破し笑顔を見せる岩尾

PO戦2回戦を突破しサポーターと喜ぶ徳島の選手たち=鳴門ポカリスエットスタジアム

 サッカーJ2の徳島ヴォルティス(リーグ戦4位)は8日、鳴門市の鳴門ポカリスエットスタジアムでモンテディオ山形(同6位)とJ1参入プレーオフ2回戦を戦い、1―0で勝ってJ116位の湘南ベルマーレとの入れ替え戦に進んだ。入れ替え戦は14日午後1時から神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で行われ、徳島は勝てば6年ぶりにJ1に復帰する。

 前半は押し込まれる時間が長く、5バックでスペースを与えず、粘り強く守った。0―0で迎えた後半、前からプレスをかけてボールを奪いに行くようになった徳島は8分、MF野村のスルーパスに抜け出したFW河田が鮮やかなループシュートを決めて先制。この1点を守り切って勝ってJ1への挑戦権を獲得した。

 同スタジアムでの今シーズン最後の試合には今季2番目に多い10376人の観客が訪れ、J1昇格を懸けて戦う選手たちに大きな声援を送った。