Jリーグ年間表彰式で最優秀選手賞を受賞し、あいさつする横浜Mの仲川輝人。E―1選手権開催地の韓国・釜山から中継でスクリーンに映し出された=8日、東京都内のホテル

 Jリーグは8日、東京都内のホテルで年間表彰式「Jリーグ・アウオーズ」を開催し、最優秀選手賞には横浜Mの15年ぶりのJ1制覇に貢献した仲川輝人(27)が初めて輝いた。出場33試合で15ゴールを挙げ、2017年の小林悠(川崎)以来となる得点王とのダブル受賞を果たした。

 ベストイレブンには2位のFC東京からディエゴオリベイラ(29)や永井謙佑(30)、橋本拳人(26)ら最多6人が選出され、横浜Mからは仲川と並んで得点王となったマルコスジュニオール(26)や主将の喜田拓也(25)ら4人。神戸のイニエスタ(35)も初めて入った。