9日、モスクワで記者団に話をするロシア・オリンピック委員会のポズドニャコフ会長(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシア・オリンピック委員会(ROC)のポズドニャコフ会長は9日、世界反ドーピング機関(WADA)が同国選手団を東京五輪・パラリンピックなど主要大会から4年間除外するとの処分を決定したことについて「予測していたことだが落胆している」と語った。

 一方で「クリーンな選手への制限には反対だ」と強調。処分は懲罰的な性格を帯び、厳しすぎると指摘し、東京五輪にロシア選手団として出場できるよう最大限、努力する方針も示した。

 ロシア反ドーピング機関(RUSADA)は処分から21日以内に、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴することができる。