【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は9日、下院司法委員会がウクライナ疑惑を巡りトランプ大統領を弾劾訴追相当とする根拠として「権力乱用」と「議会妨害」の二つを訴追状に盛り込む見通しだと報じた。