財務省が2020年度予算案で、官民ファンドの産業革新投資機構(JIC)の運営費として、財政投融資から1千億円を計上することが10日、分かった。経営体制の刷新などを理由に財政措置を決めた。

 ベンチャー企業など産業を育成するための資金に充てる。一部の官民ファンドで累積損失が膨らんでおり、財務省はJICの投資実績も厳しく管理する方針だ。

 JICは昨年、当時の田中正明社長ら経営陣が辞任して事実上の機能停止となり、19年度予算で要求していた1600億円を全額取り下げていた。今年8月末の20年度予算の概算要求の時点でも、金額を示さない「事項要求」としていた。