[磯]<福村>9日、水温15・6~15・8度。一番胴からビシャ東に替わり32~39センチのチヌ4匹。フグが多く釣りづらかった。

 <中林>9日、波風ともに穏やか。9時から4時間、エンバエ東で35、45センチのチヌ2匹と28センチのマダイ1匹。

 <由岐>9日、下り潮が昼ごろから上りに変わった。水温18・7度。30~39センチのアイゴは、大バエで10匹と28~40センチのグレ4匹。ムギバエで11匹と25~40センチのグレ6匹。大ネムリで15匹。ヒラバエで11匹と30センチのグレ1匹。テグスで3人が29匹と23~34センチのグレ7匹。

 <伊島>8日、北東の風が強く、水温17・2度。ハリメーカーの金勝杯グレ釣り大会が行われ90人が参加。25センチ以上の3匹までの重量を競った。区域ごとに分けた4隻の各渡船の上位者から優先に順位を決めた。水島東で高知市の西内優智さんが2880グラム(34~44センチ、3匹)で1位。鯛バエ西で鳴門市の高橋良明さんが2780グラム(36~38センチ、3匹)で2位。タンポの地で南あわじ市の野口智崇さんが2620グラム(35~38センチ、3匹)で3位。風と引き潮が重なり、食いが悪く計量したのは23人。

 <宍喰>8日、那佐半島周辺は北の風で波はほとんどなかった。水温20・3度。グレは、タキバエで2人が29センチを1匹と30~33センチのシマアジ21匹。チエノシタで29センチを2匹と28~38・5センチのアイゴ3匹。丸バエ地で32、39センチを2匹。長バエで30、33センチを2匹。平バエで35センチを1匹。メンバエで29センチを1匹と32センチのアイゴ3匹。トクベエで30・5~32センチを3匹。イナンカバエで2人が31~33センチを3匹と31~38センチのアイゴ4匹。底物狙いは行者で40・5センチのイシダイ1匹。ヨボシ西で43・5センチのイシダイ1匹と32~39センチのイシガキダイ4匹。メンバエで47、57・5センチのイシダイ2匹。

 [イカダ]<ウチノ海>9日、ヤカタで沖アミを餌にフカセ釣りで2人が30~46センチのチヌ5匹と20~25センチのマダイ70匹。サヨリ狙いは、30センチ前後を80匹。別のヤカタでも70匹。各所で40~80匹。

 <宍喰>8日、沖の3号カセで2人が45センチのイシダイ2匹。

 [投げ釣り]<県内>8日、カレイ投げ釣り選手権大会が行われ26人が参加。13時までに小松海岸で審査を行う。計量したのは16人。長寸と重量を元に順位を決めた。沖洲で徳島鱗友サーフの中矢賢冶さんが41・7センチ、1705グラム(3匹)で1位。同所付近で同会の佐々木綾さんが43・8センチ、1195グラム(1匹)で2位。鳴門で同会の山村満也さんが36センチ、2220グラム(6匹)で3位。上位の餌はマムシ。(県釣連盟報道部)