自民、公明両党が10日、2020年度税制改正の最大の焦点となっていた未婚のひとり親の税制上の支援策で合意した。所得500万円以下を支援対象とする。