【ロサンゼルス共同】米南部テキサス州エルパソの連邦地裁は10日、トランプ政権が約36億ドル(約3910億円)の国防総省の予算を転用して計画する「国境の壁」建設について、原告の主張を認めて違法性を指摘、計画中止を命じる判決を下した。政権は控訴する方針。米メディアが報じた。

 判事は「政権には議会が承認した予算の用途を変更する権限はない」と指摘した。原告の非政府組織(NGO)は「大統領は王様ではないことを示した判決だ」と歓迎する声明を出した。