12月8日に撮影された北朝鮮・東倉里の「西海衛星発射場」の衛星写真。(1)排気口(2)焼失した植物(3)資材などがあった場所(4)コンテナがあった場所(5)荷台に屋根のないトラック(6)レールに取り付けられたシェルター(CSIS/Beyond Parallel/Airbus2019提供・共同)

 【ワシントン共同】米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は11日、最新の衛星写真に基づき、北朝鮮が7日に北西部東倉里の「西海衛星発射場」でエンジン燃焼実験を実施し、成功したとの分析結果を公表した。

 大陸間弾道ミサイル(ICBM)などに使用されるエンジンの実験とみられている。CSISは8日の衛星写真では実験施設に損傷がなく、排気口周辺の植物が焼失していたことから実験が成功したとの見方を示した。

 今回の実験は商業衛星で把握が困難な時間帯に準備されており、実験の兆候が分かりづらくなっているとも指摘した。