ホンダが早ければ2020年夏にも、一定条件下でドライバーに代わってシステムが走行を担う自動運転「レベル3」相当の技術を搭載した車の販売を検討していることが13日、分かった。実用化されれば日本メーカーでは初となる見通し。