東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響で不通となっている常磐線の福島県内の富岡―浪江間(約20・8キロ)の運行を、JR東日本が来年3月14日から再開させる見通しであることが14日、関係者への取材で分かった。

 震災で大きな損害を受けた岩手、宮城、福島3県の鉄道のうち、不通が続く最後の区間となっている。震災以来約9年ぶりの全線再開となる。

 富岡―浪江間の大半は帰還困難区域に位置するが、国は運行再開までに区間内の三つの駅周辺の避難指示を先行して解除する方針。沿線の自治体に、住民の帰還を後押しできるとの期待が広がりそうだ。