14日、集会で支持者に応える「新未来党」のタナトーン党首=タイ・バンコク(ロイター=共同)

 【バンコク共同】タイの首都バンコクで14日、3月の総選挙で反軍政を掲げ躍進した革新系新党「新未来党」による大規模集会が開かれた。同党を巡っては政党法違反があったとして、選挙管理委員会が解党を申し立てている。選管は旧軍政メンバーが中核のプラユット政権寄りとされ、新未来党のタナトーン党首が抗議を呼び掛けていた。

 バンコク中心部の駅付近で行われ、数千人が集まった。タナトーン氏は「本当の民主主義を取り戻すために、ここに来た」と演説、今後も政権への抗議活動を続けていくと強調した。支持者らは「プラユットは出て行け」などと気勢を上げた。