背開きにしたウツボを天日干しする漁師=牟岐町

 

 牟岐町の冬の風物詩、ウツボの天日干しが本格化している。同町牟岐浦の牟岐漁港で竹ざおにつるされ、寒風に揺れている。

 牟岐大島周辺で体長約1㍍、重さ約2㌔のウツボを捕獲。頭や内臓を取り除き、背開きにして竹串で身を広げ、天日にさらす。丸1日すると、身が引き締まった干物になる。

 作業に精を出していた木村的(ひとし)さん(65)は「栄養があり、コラーゲンも豊富で美肌効果が抜群」と話した。

背開きにしたウツボを天日干しする漁師=牟岐町