ファンと記念撮影する選手たち=徳島スポーツビレッジ

 徳島ヴォルティスの選手やスタッフが15日、板野町の徳島スポーツビレッジでファンサービスを行い、今季のチーム活動を終えた。

 14日に神奈川県平塚市でのJ1参入プレーオフ決定戦を終え、帰県したばかりの選手31人とロドリゲス監督らスタッフは訪れた約300人のファンやサポーターとともに記念撮影。サインや個別の写真撮影にも応じた。

 6年ぶりのJ1復帰にあと一歩まで迫った選手たちにファンやサポーターは「お疲れさま」「楽しいサッカーをありがとう」などとねぎらいの言葉をかけ、来季のリベンジを促していた。

 ファンサービスに先立ち、チームの解団式が行われた。ロドリゲス監督は1月の始動から共に戦ってきた選手に感謝を伝え、「今までやってきた仕事を誇りに思ってほしい。来年さらに上を目指していこう」と呼び掛けた。

 チームは約1カ月間のオフを挟み、来年1月中旬に新シーズンに向けて始動する予定。

ファンにサインをする選手たち=徳島スポーツビレッジ