札幌地裁に提訴に向かう、爆発で被害を受けた近隣住民と弁護士ら=16日午後、札幌市

 札幌市豊平区で昨年12月に起きた爆発で、住宅被害や精神的苦痛を受けたなどとして、発生元とされる不動産仲介「アパマンショップ平岸駅前店」の近隣マンションに住む11世帯30人が16日、同店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」に対し、計約5千万円の損害賠償を求めて札幌地裁に提訴した。

 訴状によると、原告らは爆発による強い衝撃で窓ガラスなどが壊れたほか、不眠や頭痛といった症状に悩まされ、精神的苦痛を受けたとしている。

 アパマンショップリーシング北海道の親会社のAPAMAN(東京)は「一切コメントを差し控える」としている。