22日に東新町商店街で初開催する「みんなで101人サンタ」の参加を呼び掛ける近藤さん=徳島新聞社

 サンタクロースに扮した市民ボランティアがプレゼントを贈るイベント「みんなで101人サンタ」(101人サンタ・プロジェクト委員会主催)が22日、徳島県徳島市の東新町商店街で初めて開かれる。サンタの衣装をまとった踊り子による阿波踊りもあり、幅広い世代に楽しんでもらう。

 昨年まで行われた「100人サンタがとくしまのまちをかけぬける」の後継行事。東新町入り口の阿波銀行本店営業部などでプレゼントを配る。「阿波踊りサンタ」と銘打ち、本家大名連と歌舞伎連の連員が正午と午後1時半の2回、商店街を練り歩く。ダンス体験やアートバルーン、なると金時のつかみ取りなどもある。

 前身のイベントは、サンタ役の市民ランナーがプレゼントを配って人気を集めた。改元に伴い、開催日の23日が祝日でなくなったほか、ボランティアが減少したため昨年の第5回で終了していた。

 前身のイベントに関わった近藤あけみさん(55)=藍住町富吉、会社員=らが、子どもの笑顔に触れる行事を残そうと、新たに実行委を設立した。東新町の商店主らも協力し、衣替えを決めた。

 実行委はクリスマスにちなんだ衣装での参加を呼び掛けている。近藤さんは「徳島の冬を代表するイベントにしたい」と意気込んでいる。