葉わさびを使ったはんぺんの天ぷらを食べる児童=上勝小(いろどり提供)

 上勝町特産で日本料理のつまもの「彩」の一つ「葉わさび」を使ったはんぺんの天ぷらが上勝小学校と上勝中学校の給食で出され、児童生徒ら86人が味わった。

 はんぺんは、パウダー状にした葉わさびを衣に混ぜて揚げた。児童らからは「ほんのりワサビの味」「食べやすい」と好評だった。

 葉わさびを給食で提供するのは初めて。パウダーは、規格外の葉わさびを有効活用するため、彩の販売支援を行う町の第三セクターいろどりと城西高校(徳島市)の生徒が2017年に共同開発した。