大河ドラマ化に向け、支援を求める三好長慶会の会員ら=県庁

 徳島ゆかりの戦国武将・三好長慶(1522~64年)を顕彰する「三好長慶会」の出水康生代表ら11人が17日、県庁を訪れ、三好長慶の大河ドラマ化に向けた支援を求める陳情書を飯泉嘉門知事に提出した。

 陳情書は、三好長慶をテーマにした教育の促進や、三好氏の本拠地として知られる勝瑞城館跡(藍住町)などの史跡をつなぐ観光ルートの構築など4項目を要望している。

 三好長慶会は1999年に設立し、会員は235人。20周年を記念して、官民一体の活動を進めるため県に陳情した。