[磯]<大島>18日、午前中19度台あった水温が2度下がりグレの食いが渋くなった。渡船は10隻。釣りクラブのグレ釣り大会が67名の参加者で行われた。グレ8匹までの総重量で計量し、使用した6隻の各渡船の上位者から順位をつけ、22人が計量。1位は俵で那賀町の木内章二さんが4830グラム(33~36センチを8匹)。2位はヒジカケで阿南市の柳田拓磨さんが4200グラム(28~45センチを6匹)。3位はタキ前で南あわじ市の的崎武人さんが2220グラム(30~40センチを3匹)。4位は桃オチノ地で石井町の高橋洋行さんが880グラム(38センチを1匹)。5位はスベリで徳島市の神崎康輔さんが800グラム(35センチを1匹)。6位は板野町の福原健さんが620グラム(33センチを1匹)。

 <高知・甲浦>18日、波は高く水温20・5度。エボシでは30、35センチのグレ2匹と35センチ前後のアイゴ3匹。アオリイカ狙いはクジラ奥で0・3~0・9キロを4匹。クツガバエで0・3、0・7キロを2匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>18日、コーナー近くでは沖アミを餌にフカセ釣りで35~43センチのチヌ4匹と40センチのハマチ1匹。別の人は同型のチヌ2匹。少し白灯寄りでは35~45センチのチヌ4匹。

 <小松島港沖ノ一文字>18日、赤灯近くでは沖アミを餌にフカセ釣りで30~35センチのチヌ10匹と25センチ前後のグレ3匹。少し中央寄りでは28~40センチのチヌ7匹。

 [イカダ]<ウチノ海>18日、堂浦のヤカタでは赤アミを餌にサビキ仕掛けで18センチ前後を主体に25センチ前後も交ざりアジ100匹。

 [お知らせ]年末年始の主な渡船の操業状況は次の通り。

 <県内>無休=小松島港沖ノ一文字、中林、由岐、宍喰・宍喰カセ▽31日~1月1日休業=撫佐、堂浦▽31日~1月3日休業=伊島▽1日休業=津田沖ノ一文字、福村▽1、2日休業=粟津離岸堤、大島、津島▽1~3日休業=阿部、木岐、恵比須浦、日和佐

 <県外>無休=蒋渕、矢ヶ浜、日振島、深浦、足摺、沖ノ島、鵜来島、甲浦▽1日休業=須下(県釣連盟報道部)