窓ガラスが1枚割れ外壁がゆがんだ民家の外壁=徳島市春日

 21日午前6時ごろ、徳島市春日の鮎喰川南岸堤防上の県道から60代男性の軽乗用車が転落し、堤防下の民家に衝突した。男性は右腕骨折などのけがを負った。

 民家の住人の女性(78)によると、車は堤防道路を東に向かっていたとみられ、何らかの原因で南側へ転落。堤防斜面を数十メートル滑走して女性宅の外壁にぶつかり、窓ガラスと壁を壊した。

 現場は片側1車線の緩やかなカーブで、ガードレールはない。徳島名西署が原因を調べている。