安定した守備でチームに貢献した梶川裕嗣

 J2徳島ヴォルティスは24日、GK梶川裕嗣(28)が今季J1で優勝した横浜Mに完全移籍すると発表した。

 愛知県出身の梶川は2017年に湘南から期限付き移籍で加入し、翌年完全移籍。安定した守備力に加え、足元の技術にも優れ、後方からパスをつないで組み立てる徳島の攻撃の起点となった。今季はリーグ戦41試合で守護神としてゴールを死守し、J1参入プレーオフ(PO)進出に貢献。POでは全3試合にフル出場した。

 梶川はクラブを通じ「徳島に加入してからの経験は全てが僕の財産。今後さらに成長していけるよう真摯(しんし)に、謙虚に精進していきたい」とコメントした。