徳島地裁阿南支部

 日亜化学工業辰巳工場(徳島県阿南市)からリチウムイオン電池の原料となるレアメタル(希少金属)を盗んだとして、窃盗と建造物侵入の両罪に問われたいずれも元社員の同市那賀川町、無職男(31)、大阪市西淀川区、会社員の男(26)の両被告の初公判が24日、徳島地裁阿南支部であり、両被告は起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で「無職男は消費者金融から多額の借金を抱えており、盗んだレアメタルを売って返済しようと計画。付き合いのあった会社員の男に連絡を取り、犯行に及んだ」と指摘した。

 起訴状などによると、2人は6月10日ごろに工場に侵入。ドラム缶30缶分のコバルトパウダー約6トン(約3480万円相当)を盗んだとしている。